千葉県四街道市の腎不全・血液人工透析・在宅訪問診療・統合医学の 医療法人社団 千陽会 さくらクリニックへようこそ

血液人工透析 千葉県 四街道市 訪問診療

血液人工透析 千葉県 四街道市 訪問診療
診療のご紹介

血液人工透析 千葉県 四街道市 訪問診療
さくらクリニック概要・アクセス
クリニックの施設紹介
お問い合わせフォーム                      サイトポリシー

血液人工透析 千葉県 四街道市 訪問診療
広報誌「さくら」のご紹介                      医療知識「ちょっと見て聞いて」

血液人工透析 千葉県 四街道市 訪問診療

血液人工透析 千葉県 四街道市 訪問診療
   診療のご紹介について

腎臓内科・一般内科・外科
サブタイトル/血液人工透析センター
CKDとCVD(腎臓と心臓は大きな関係があります。)
慢性腎臓病(CKD)は、CVD即ち心欠陥疾患(狭心症・心筋梗塞・心不全・脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などの脳卒中)に発展する危険性が大です。
コメント/腎臓内科・一般内科・外科
在宅訪問診療(往診) 腎臓疾患や慢性腎不全の保存期治療の他、
一般内科系疾患(高血圧症・糖尿病・脳梗塞・
心疾患など)の慢性期治療、小手術を含む
外科的疾患の診療を行っております。

入院病棟(19床)を備えております。

血液人工透析センター
サブタイトル/血液人工透析センター
終生にわたる透析は、「本人」・「家族」と「医院・病院」との三人三脚で行うことが大切です。
コメント/血液人工透析センター
透析導入・維持透析・終末期透析

■診療時間
60台のコンソール(透析台)を設備しており、7:30から透析を
開始できます。
月・水・金曜日は、午前・午後・夜間の3クール制
(診療時間:7:30〜22:00)
火・木・土曜日は、午前・午後の2クール制
(診療時間:7:30〜16:00)

■透析前後の院内での食事について
院内の、外来患者専用の食堂(さくらカフェテリア)にて、
専任栄養士の献立による、透析治療食(総カロリー・蛋白量・
カリウム・リン等のコントロール食)を一食、480円で提供させて
頂いております。

ご希望の方は、お申し出下さい。
在宅訪問診療(往診)

在宅訪問診療(往診)
サブタイトル/在宅訪問診療(往診)
医療と介護、そして服薬指導(院外薬局)の共同作業で、必要十分な在宅療養が 可能です。
コメント/在宅訪問診療(往診)
在宅訪問診療(往診) さくらクリニックは、「在宅医療支援所」を併設しており、
在宅療養をされている方への定期的な
訪問診療(往診)を行っております。
近隣の介護事業所(ケアプラン作成・訪問介護)や
院外薬局(処方薬の宅配と服用指導)との密接な
連携のもとに「医療・介護・薬務」の三位一体の
充実した体制で行っております。
維持透析治療中の方のみならず、脳血管疾患
(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)の後遺症、ガン疾患の
疼痛緩和、廃用症候群(寝たきり状態)等、通院治療が
出来ない方への「往診」を行っております。

リハビリテーション訓練
サブタイトル/リハビリテーション訓練
身体だけでなく、心のリハビリテーションが必要です。
コメント/リハビリテーション訓練
外来及び入院の方へのリハビリテーション訓練は、
本人の意欲を導くかたちで勧めており、「社会復帰・
家庭復帰」を目途に「自立支援」を行っております。
在宅訪問診療(往診)

糖尿病・生活習慣病センター
1)糖尿病ってどんな病気?
2)労尿病の早期発見は?
3)糖尿病のコントロールは?
4)糖尿病は治るのか?
5)こわい糖尿病の合併症
コメント/糖尿病・生活習慣病センター
現在の日本において、糖尿病の羅患者・数百万人、糖尿病予備群・一千万人と 言われております。 糖尿病は「高血圧症・高脂血症・高尿酸血症」とともに、生活習慣に起因する疾患であり、 いまや国民病となったこれら4大疾患に対して、生活習慣の改善を含めて、総合的な生活指導と 医療の提供を行っております。

「生活習慣病」ってどんな病気?
「生活習慣病」ってどんな病気? ・不適切な生活習慣が病因であり
 生活習慣の改善によって予防ができる病気です。


<<クリックすると拡大します。

頻度の高い生活習慣病は?
頻度の高い生活習慣病は? ・高脂血症
・高血圧
・糖尿病など


<<クリックすると拡大します。

 
頻度の高い生活習慣病は? ・脳血管疾患、心虚血性疾患など生活習慣にかかわる
 疾患が、死亡原因の上位を占めています。


<<クリックすると拡大します。

統合医学センター
サブタイトル
個人に適したオーダーメイドの医療を。
コメント
(西洋医学と東洋医学の統合的アプローチによる医療)
従来の診断治療に加えて、「BIORESINANCE(生体波動)」や、「糖鎖(糖質栄養素)」による
新しい医学医療分野の診断と治療を展開しています。
「倦怠感・偏頭痛・抑うつ気分・不安感・イライラ・嘔気」などの「不定愁訴」や
「メタボリック症候群」などの疾病予備群状態である、「未病」に対して、気功にも通ずる
「生体波動」や第三の生命といわれる「糖鎖」を診断・治療に導入し、さらに臨床栄養学に もとづく各種サプリメント・抗酸化食品や漢方・経絡などを医学的に評価準用して、 診断・治療に役立てております。(以下に参考図書)

「メタボリックシンドローム」って、なに?
「メタボリックシンドローム」って、なに? ・「内臓脂肪の蓄積」を上流にもち、生活習慣病を
 複数発症した状態の事を「メタボリックシンドローム」と
 言います。


<<クリックすると拡大します。

肥満には、2つのタイプがあります
肥満には、2つのタイプがあります <<クリックすると拡大します。

わが国におけるメタボリックシンドローム診断基準
わが国におけるメタボリックシンドローム診断基準 <<クリックすると拡大します。

CT画像で「内臓脂肪」を見てみると・・・
CT画像で「内臓脂肪」を見てみると・・・ <<クリックすると拡大します。
糖鎖栄養素の参考文献
統合医学センター
波動医学による診断と治療の参考文献
統合医学センター
さくらクリニック分診室(中国北京市)
サブタイトル/在宅訪問診療(往診)
中国における新たな「日中医療共同プロジェクト」の推進
コメント/さくらクリニック分診室(中国北京市)
中華人民共和国全国人民代表大会(日本の国会に相当)の代議員である、王壊東医学博士 (日本の九州大学で医学博士位を取得)と、さくらクリニックの院長である医学博士・蜂谷哲也 との日中共同の医療プロジェクトとして2008年2月に発足し、以下の計画が策定され活動が 開始されました。

 
1.北京・時珍堂病院での診療活動
「さくらクリニック北京分診室」として、「日医綜合診療科」
を同院内に新設し、さくらクリニック院長・蜂谷哲也が毎月
定期的に中国人民を対象に診療をおこなう。

2.随時、日本の医師・教授・専門医を中国に招聘・
 派遣して、先進的な医療を展開する。


3.「日中医学医療情報綜合センター」の開設

4.「日中医療シュミレーション綜合センター」の開設

5.「日中賢臓病綜合センター(血液人工透析施設・
 腎移植センターを含む)」の開設


6.「日中リハビリテーション綜合センター」の開設

7.「日中農村医学・地域医療綜合センター」の開設
中国北京市 さくらクリニック分診室

サイトマップ
 TOP PAGE

 【診療案内】
  - 診療のご紹介 -
 【クリニック案内】
  - さくらクリニック概要・アクセス - クリニックの施設紹介 -
  - お問い合わせフォーム・サイトポリシー -
 【インフォメーション】
  - 広報誌「さくら」のご紹介・医療知識「ちょっと見て聞いて」 -


千葉県四街道市の血液人工透析・訪問診療/さくらクリニック